社交ダンス体験!社交ダンスを始めるには?①~教室のグループ(団体)レッスン編~

社交ダンス体験グループ団体レッスン

社交ダンス体験!社交ダンスを始めるには?①~教室のグループ(団体)レッスン編~

社交ダンスを体験したい!けど、どこでできるの?そんな疑問にお応えするシリーズです!

全6回の予定です!第1回は社交ダンス教室のグループレッスンについて。

ポピュラーな方法ですね。まずはこれから説明していきます。

駅前で見かける社交ダンス教室の看板。その正体!?

駅前のビルなどで、社交ダンス教室の看板を見かけたことがあると思います。初心者歓迎!とか書かれたあれです。

社交ダンス会では有名な映画である、「Shall we Dance?」でも、主役の中年男性が電車の窓から見える社交ダンス教室に心惹かれて、ためらいながらも入会していきました。
社交ダンス教室はワイシャツにネクタイを締めたダンス教師資格保持者が常駐していて、生徒さんが習いに行く場所です。床もダンス用に作られていて社交ダンス用の音楽が常にかかっています。教室はダンスホールと違ってお酒は提供されません。
競技会に現役に出ている先生や現役を引退した先生がいます。男性の先生がメインにいますが女の先生もほとんどの教室にいます。

初心者グループ(団体)レッスンは安くて敷居が低い!

先生一人に対して、生徒さんが2~10名ほどで行っています。レッスン時間は1時間程度です。
プロの先生が講師なので丁寧正しいことを教えてくれます。特徴はなんといってもその安さ!一回1000円~1500円程度と続けやすい価格です。年齢も制限をかけているところは少なく、男女共に募集していることが多いので敷居は低いです。
グループできている同士で教え合ったり、踊ったりすることができるので一人でやるより、踊りになれることができるのもグループレッスンのいいところですね。教室によってはたまに行っていない所もありますので、ホームページや看板をみるか、直接問い合わせした方がいいかもしれません。見学したければ飛び込みでも大丈夫ですが、事前に連絡してレッスンを見れる時間を聞いておいた方が無難です。

自分のペースで上手くなれないことも

教室のグループレッスンのデメリットはとしては開催される時間が限られるという問題があります。毎日やっているわけでもなく、時間も都合のいい時間にやっているとは限らず、時間を合わせるのが大変なことも。初心者は無理なく続けられたほうがいいので、時間や曜日は注意したほうがいいでしょう。また、参加者全体のペースに合わせなければならないので、自分がわからなくても進んでしまったり、できてるのに中々講習が進まないということも珍しくありません。

気長にゆっくりやりたい人にはおすすめ

団体レッスンはとにかく、マンツーマンレッスンよりはるかに安いので、時間や曜日が会う人には、おすすめです。あくまで全体に合わせてレッスンが進められるのがグループレッスンなので急激にうまくなるのは難しいかもしれないですが、気長に続けたい人には費用面からもおすすめします!

いかがでしたか?

次回は教室のマンツーマン(個人)レッスンについて書いていきます!

FavoriteLoadingお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

今田英寿

今田英寿

居酒屋系ダンサー。社交ダンス歴20年以上になるダンサー兼ライター。競技はすでに引退。多数のアマチュア・プロ・業界人とつながりを持つ。現在は趣味としての社交ダンスライフを満喫中。練習後の一杯が生きがいなのは20年間、そしてこれからも変わらず。客観的な情報発信を心がけながら執筆に取り組む。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る