上級者も意外と知らない?社交ダンス ジャイブの成り立ちと代表ステップ&動画

社交ダンス ジャイブ ステップ&動画 

上級者も意外と知らない?社交ダンス ジャイブの成り立ちと代表ステップ&動画

ジャイブといえば軽快、素早い、遊び心がある……といった印象が強いのではないでしょうか?

ディキシーランドスタイルのものからロックンロール、ディスコまで幅広いリズムに対応できる。
競技としてはラテンの最後に踊る少しハードなイメージもあるけれど、実はとっても大衆的なダンスなのです。

スインギーなアクションとコミカルなステップは、もう楽しんだもの勝ちです!

社交ダンス ジャイブの成り立ち

ジャイブの起源は1920年代のハーレム。

当時、ジャズ音楽に合わせてフォックストロットを踊るのが主流でした。その後、ダンスの流行はチャールストン、リンディポップなどに。1930代には早いテンポのスイングジャズに合わせてジッタバーグと呼ばれるダンスが踊られました。

このジッタバーグ、これがジルバの語源です。
このジルバが1940年代にヨーロッパに伝えられジャイブになり、1960年代に競技種目としてのジャイブが定められました。

ジャイブはぴょんぴょんと飛び跳ねるイメージがありますよね。
しかし実際はスイングジャズから生まれた、振り子の様な運動を利用して踊るダンスです。ノリもジャズのような気軽さが必要で、誰とでも踊れるように作られているのです。

社交ダンス ジャイブの代表的なステップ

ジャイブのカウントは拍数で数えることも、SやQで数えることもあります。
1小節は4拍で、「1a2 3a4 5a6 7a8……」や、「SaS SaS……」「QaQ QaQ……」と数えます。

ステップによっては1拍目に重みを置きやすいですが、アクセントがあるのは2拍目と4拍目。
これはスローとジャイブの特徴の一つで、ジャイブらしさを出すポイントのひとつです。

~フリック~

ジャイブ特有のステップ……といえばまちがいなくフリック。
ジャイブといえばと聞かれれば、ほとんどの方がフリックのステップを踏むのではないでしょうか?

フリックと一口に言っても回数や足をのばす方向などは様々。
共通のポイントとしては足を出す力よりも引く力を意識することです。
キックよりも引き上げる、膝をみぞおちに引き込むイメージです。
そうすると前傾の姿勢をとることができますので、体を『く』の字に曲げることができ綺麗に見えます。

脚のモーションができるようになったら、バストから上をシェイプし正面をむけるように意識しましょう。
外に向ける力が増しラテンらしさがでることはもちろん、頭が起き上ることで軸がぶれることなくフリックができます。

ジャイブのオススメ動画

ジャイブの成り立ちとステップ……いかがでしょうか?
見ているだけでも魅力が伝わってしまうジャイブですが、背景を思い浮かべながら踊ればさらに楽しくなりますよね!
スィングのかかったシャッセを始めれば、あなたもまわりも自然と笑顔になってしまうはず。

動画は、マイケル・ウェンティンク&ビアータ組です。過去に人気の高かったカップルですね。軽快なステップに気分もノッテきます。

これで社交ダンス10種目の成り立ち&ステップは以上です。
生まれた国も時代背景もなにもかもが違うけれど、どれも楽しくて魅力的。

次回以降も、色んな角度から社交ダンスの魅力を発信していきます!

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

中馬さりの

中馬さりの

活字中毒のなんでも書いてしまう系ライター。書籍・金融・マナー作法・心理臨床学・ファッション・コスメ・ライフスタイルコラムなどメインは定めない主義。1992年に生まれてからサブカルチャーとランデブー。『某芸能人の方々が部活と称して社交ダンスする番組』を小学生のころに見て感動。大人になったら絶対にやる!と心に決めて、社会人サークルにて始めました。同期や先輩方、素敵な先生との出会いのおかげで今も社交ダンスに首ったけ。現在は財団競技ダンサーのパートナーをしつつ、社交ダンスの魅力を文字にしたいと奮闘中です!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る