【開催直前2015日本インター最新情報】マリトウスキー組は結局出場しないことに

2015日本インターの最新情報

開催直前2015日本インター最新情報 JBDFからのお知らせ

開催を10日前に控えた2015年の日本インター
本日2015/6/3付でJBDFより、お知らせがホームページにアップされた。
日本インターに関して当初予定していた内容と変更があったということだ。

JBDF日本インターお知らせ

引用 http://www.jbdf.or.jp/link/2015inter-osirase-6-3-2.pdf

お知らせの内容とは?

内容を要約すると以下の通りだ。
・マリトースキー組はコンペには出場せずデモのみ行う。

・織田組が、予定していた引退デモンストレーションを辞退。

・リチャード・グリーブ氏が日本インター審査員を辞退。

マリトウスキー組は日本インターに選手として出場する意思を示していたものの、ブッラクプールの優勝をもって競技を引退してしまった。

そのため、デモンストレーションだけの出演となってしまった。

リチャード・グリーブ氏も予想通り辞退

Freedom to danceの提唱者で、WDC・WDSFに関係なく公平な立場を取るリチャード・グリーブ氏

彼の日本インター審査員辞退宣言は先月5月半ばに行われていた。

彼はこのような投稿を自身の主催するFreedom to danceのFacebookグループにアップしていたのだ。

日本インターについてリチャードグリーブの投稿

日本インターについてリチャードグリーブの投稿

引用 https://www.facebook.com/groups/295646140589/?ref=ts&fref=ts

誤解を恐れず意訳するなら、

「JBDFの言っていたこととやっていたことが違うことがわかったので、日本インターの参加は見合わせる。誠に遺憾です。」

といった内容だ。

今回、JBDFがリチャード・グリーブ氏の辞退を発表したことで、正式な決定と言えるだろう。

彼の提唱する「Freedom to dance」の考え方の一部である、「選手にコンペの出場制限をかけない」という方針が日本インターと一致しなかったことが原因だ。

開催直前の2015年日本インター。

これ以上、当日までに何も起こらないことを祈るばかりである。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

今田英寿

今田英寿

居酒屋系ダンサー。社交ダンス歴20年以上になるダンサー兼ライター。競技はすでに引退。多数のアマチュア・プロ・業界人とつながりを持つ。現在は趣味としての社交ダンスライフを満喫中。練習後の一杯が生きがいなのは20年間、そしてこれからも変わらず。客観的な情報発信を心がけながら執筆に取り組む。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る